FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日から静岡まつり

明日から「静岡まつり」である。私も参加する。VOXが削除したような男をよく静岡市が祭りに参加させるなぁとは思うが、これが本質と偽善というものだろう。だれも本質を見ていないし、どれが本質なのかさえつかめないのである。同じ男が一面では行政や教育や医療を語り、一面ではSMを語ってVOXから削除される。世の中とは面白い物だ。

「静岡まつり」で賑わっている静岡市だが、静岡市大御所四百年祭公式ホームページのHPで面白い記事が載っていた。キリシタン迫害は駿府(静岡市)から始まったと言うのだ。

徳川家康の「キリシタン禁教令」は、慶長18年(1613)に発布された。正式名は、「伴天連追放之令」という。初めは、駿府より幕府直轄領に布告され禁止されたものであった。 陰惨な弾圧と迫害が繰り返され、駿府町奉行彦坂九兵衛らが先頭に立って次々と新しい拷問のやり方が考案された。なかでも「駿河の責め苦」といいう宙釣り状態にした拷問はとくに恐れられていたという。

あの有名な拷問に「駿河問い」という名が付いていた訳が分かった。私が明日参加する祭りはキリシタンを連行する駿府町奉行彦坂九兵衛の役で参加するという話はちと出来すぎだろうか。ちなみに大御所家康役は明日が宇梶剛士が、1日は渡辺徹がやる。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

| 鬼縄のつぶやき | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼の花宴 (文庫)



「崇徳教」という邪教の実態を暴くことに執念を燃やす美人新聞記者・西川久美子。教義の謎は暴かれるか? 彼女の隠された過去とは? 久美子を待ち受ける想像を絶する目眩く性の宴!

内容(「BOOK」データベースより)
二重瞼の大きな瞳、繊細な顔立ち、硬質陶器の冷たさを感じさせる引き締まった躰―新人新聞記者・西川久美子の官能的な美しさの前で、男たちは思わず息をのんだ。彼女が執念を燃やしたのは、「崇徳教」という邪教の実態を暴くことだった。この教団の秘密とは、そして彼女の隠された過去とは何か?久美子を待ち受ける想像を絶する目眩く性の宴。

私の大好きな「痒み薬」による痒み責め中心のSM小説である。この現実には味わえない淫靡な情景にのめり込めさせてくれる。責められる西川久美子のキャラも私好みで目が眩むほどに欲情させてくれる。映像では表現できない小説ならではのSMである。

| 書籍 | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は結婚しない。

何度も言うようだが私のプライベート部分をVOXで展開しようと作り始めたところで強制削除されてしまったので、この話題は前にVOXに書いたがVOXによって強制削除されてしまったので、もう一度書く。

その前にVOXを利用してSMを語ると強制削除されるので、VOXではSMを語らない方がいいだろう。しかしこういった権威主義のところは、東証のように結構ダブルスタンダード、二重ルールを用いる傾向があるので女が書くSMは削除されないかもしれぬ。男の鬼縄がSMを書いたからいけなかったのかもな。

さて余談はさておき、私が結婚をしない訳は結婚をするとどうしても日常と非日常の区別が付きにくくなり、SMが出来なくなってしまう公算が大きいからである。もちろんご夫婦でSMを立派にされている方々もいらっしゃるとは思うが、結婚したとたんSMから遠ざかってしまう場合の方が多いと思う。家庭生活という日常を送り、その中でSMという非日常を取り入れることははなはだ難しいと思われる。

では結婚は結婚。SMはSMと分ければ良いではないかとおっしゃる御仁がいらっしゃるし、昔結婚を求められた女性からも言われたことがあるが、この一見合理的なご意見とも思われるものだが、よく考えてみればこれこそ結婚を制度として捉え、欺瞞を隠す為だけのものに過ぎない陳腐なものに成り下がってしまうのではないだろうか。私はかねがね結婚は愛の結果ではなく単なる制度上のつながりだと言っていることを実証して下さるようなものだ。

SM界には結婚をされている方がSMパートナーを求めてこられる。理由は様々だしそれを非難する気持ちはさらさらない。私だってその恩恵にあずかり、ご亭主持ちのご婦人を縛ってきた。ご亭主としてはたまらんだろうが、それを招くのも実はご自分たちの偽善の結果なのだ。その私が同じ轍を踏む訳にもいくまいと思っている。結婚をして日常に染まりSMを忘れ他のお相手を探すなどということをそれを食い物にしてきた私がする訳にはいかない。

私はSMをベースに生きていこうと決心した男である。せっかく巡り会ったすばらしい女と結婚をしてSMを忘れるより、その女とはずっとSMをしていたいと願うのである。

奥様をお持ちのS男性の皆さん。あなたが縛らないのなら私に奥様を縛らせて下さいよ。ふふふ。。。。。

| 鬼縄のつぶやき | 05:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SM BOOK Hardboiled Cafe

ここで鬼縄から読者諸氏に少しばかり面白い話をお聞かせしたいと思う。

?Master 鬼縄  

「"SM BOOK Hardboiled Cafe"の再登場です。前回は好評を博していたのですが、何故か途中でスクリプトが異常を起こしやむなく中断したBBSですが、その改良版を見つけたので復活させた。

こういう「お遊び」を理解する方のみご利用下さいませ。実用性は全くありません。」 ?

| 運営日記(新着情報) | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうしても痒み薬

006.jpg
「ずいき縄を湯に浸したのはな。効果を強めるためなんじゃ」
湯に濡れるとずいきは痒い痒いサポニン液をはっきりと滲ませるようになる。それが女の体液に溶け込むと効果は一層、はっきりしたものになってくると、吉岡は~中略~濡れたずいき縄の効力を説明し始めるのだった。
    略
「ほう、もう効果が生じたようだな」
そのおぞましい縦縄をはさんだ静代の両腿の筋肉がヒク、ヒク、と波打ち始めたのを見ると吉岡は会心の微笑を口元に浮かばせる。ずいきの中に含まれた掻痒性のサポニンが静代の粘膜の内の熱い分泌物ともう溶け合ってその効力を発揮し始めたかと思うと吉岡は嬉しくて仕様がないのだ。
「ああ、痒いわ。外して、これ外してっ」
    略
両手はきびしく後手に縛り上げられている為に指を使って痒さを解くこともかなわぬもどかしさと悔しさ。そして、肉層で喰いしめた股縄を女の愛液が濡らし始める恥ずかしさ。
とか、
「折井さんから俺は面白い薬を預かっているんだ。粘膜の奥深くにこいつを塗りつけられると気が狂うほど痒くなるってクリームなんだよ」
とか、
団鬼六先生の小説にはよく出てくる痒み薬なんですけど実際にお目にかかったことがない。山芋も試してみたけど女の秘部は痒くならない。皮膚を痒くしても私の場合だめなのである。この媚薬に憧れてSMに取り憑かれたというのに、肝心のこの痒み薬が手に入らない。
私にこの手の薬が手に入ったら、私の女はいつも秘部を愛液で濡らしながら痒みと長い時間闘わなければならないだろう。女が狂うまで私は眺めてしまうだろうな。ふふふ。。。。

| 鬼縄のSM | 10:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

淫靡な目的のために

何度も言うようだが私のプライベート部分をVOXで展開しようと作り始めたところで強制削除されてしまったので、淫靡なその部分もここに舞い戻った。

あちこちで評判の悪い私だが、それでも多少は私の文章をご愛顧下さる方がいるようだ。

私が書く文章はまさしく世界でもっとも愛して、もっとも憎む女へのメッセージなのです。鬼に魅入られて地獄へ落ちるのは女の性ですな。私に愛される事は、まさしく女にとっては不幸なのだよ。ふふふ。。。。その不幸に気付いた時にはもう遅いのさ。そこで喘ぐ女を舌舐めづりして眺める時ほど至福な時はない。私に選ばれるというのはそういうことなのですよ。

私は紳士でもなければ、信頼に足る男でも決してない。ただ幸運なことにそのように見られるだけである。それを利用して私は女を不幸へと導く。私の淫靡で汚らわしい欲望の為にね。

| 鬼縄のSM | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メールソフトを変えてみました。

ネットを初めて以来長年ずっと使い続けてきたメールソフトをBecky! Internet MailからShurikenに変えてみた。変えた理由はスパムメールへの対処に優れているらしいからだ。

私のメール振り分け方法は不要メールを「ゴミ箱」などのフォルダに振り分けるのではなく、必要なメールをフォルダに振り分けるというものだ。不要メールを振り分け設定していたのではいくら手間をかけても追いつかないが、必要なメールの振り分け設定ならそれほど多くはなく限られているので手間にならない。受信箱に残るのは不要メールと振り分け設定していない必要メールということになる。

問題なのは受信箱に残る振り分け設定していない必要メールと不要メールの仕分け作業である。振り分け設定してある必要メールは間違いなくフォルダに格納されるので問題ないが、問題は受信箱に不要メールと一緒に残る振り分け設定していない必要メールを見逃してしまうことだ。この仕分けをずっと手動というか目視でやってきた。スパムメールが大量に来る昨今この作業が意外と負担になってきた。この作業をShurikenは、「学習型迷惑メールフィルター」という機能で自動的にやってくれるというのだ。これは便利!助かるわい!

そこで体験版をインストしてみた。使い始めて最初のうちは思った通りの仕分けはしてくれないが、使っているうちに確かに学習して精度の高い仕分けをしてくれるようになる。精度が上がってくると受信箱には振り分け設定していない必要メールだけということになる。スパムなどの不要メールは自動で迷惑メールフォルダに振り分けてくれる。こうなるともうスパムメールがいくら来ようと苦にならなくなる。 Shuriken 2007はおすすめである。



このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。

| ソフトウェア | 05:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VOXから強制削除されまちた。

やっぱりというか、またもやというか、おまえもかというか、使い始めてみて、なかなか使えるおもしろいツールだなと思って、鬼縄のプライベート用ブログとして、結構まめに記事を投稿したり、移動したりして、ブログの格好が付いてきたかなぁと思っていた矢先にあっけなく鬼縄のプライベート用ブログがVOXから削除されてしまいました。トホホホ。。使った労力がパァですわ。

まぁ私のSMブログはいかがわしくて、汚らわしい内容を多分に含んでいるわいせつなブログですから、VOXのようなサービス提供型のツールからは迫害を受けるのは仕方がないことかもしれませんな。サービス提供型は干渉を受けやすいという欠点があるという心配は杞憂ではなくズバリ!的中してしまいました。

ということで、鬼縄のプライベート記事はまたもや古巣のここで記すことになりましたがな。でもけっこうVOXで書いた、自分としては気に入っていたVOXとともに消滅してしまった記事をまた一度に書き直す気力はないので、ぼちぼちと書かせてもらいます。

ここのブログと、VOXとの使い分けをどうするべぇかという無駄な思案をしなくてすむようになったのだから、VOXの強制削除に感謝するべきかもしれませんな。私もSM BOOKではよく強制削除させていただいているので人のことを文句いう立場にはないのですけれど、ちょっと癪に障ることは確かでした。

| 鬼縄のつぶやき | 04:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。