FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SM BOOK公認SNSがリニューアル

コンテンツ大移動、第2弾!!
SM BOOK公式SNSをリニューアルしました。

パートナーを募集したい方や奴隷交換。同じ嗜好の持ち主との交流などなど。。SMをキーワードにしたSNSです。

新しい公認SNSの『SM ZERO SNSには以下のような機能があります。



  • 写真付きプロフィール作成

  • メッセージ交換機能

  • 日記の読み書き、コメントを加える機能

  • コミュニティの作成、参加

  • 日記の更新がわかる、更新アラーム機能

  • お気に入り機能

  • 共有スケジュール機能

  • 友人紹介機能

  • 携帯対応





 ▲ユーザー画面サンプル

招待制ではないので、SMに理解と興味のある方なら誰でも参加できます。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 運営日記(新着情報) | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DTIサービスのアフィリエイト広告は、わいせつ物図画等陳列罪の幇助犯になる!?

以下のDTIサービスが提供する以下のアフィリエイト広告

このメス豚がぁぁぁ!!
問答無用
エロックスジャパンZ
カリビアンコム
マニアックマックス1

が、わいせつ画像へのリンクであるとして、契約サーバー会社より警告を受けた。

ええええっ!!
アフィリエイト広告がわいせつ物図画等陳列罪の幇助犯になるだって!?
これって結構みんな自分のブログなんかに貼ってますよねぇ?
ひゃぁ~!!

こんな厳しいサーバーなんかに俺のいやらしいコンテンツなんか置いておけない。
いつ削除されるか分からないよー。。
ってことでコンテンツの引っ越し大移動を始めたってわけさ。
FC2のブログには結構みんなこのDTIサービスのアフィリエイト広告を貼ってあるもんな。だからFC2を選んだんだけど、大丈夫かしらん。

と言う事で、引っ越し第一弾は『鬼縄のSM blog』にしました。

| 運営日記(新着情報) | 21:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここは安住の地になり得るか

ただ今、鬼縄のブログをここに引っ越している最中です。
沈没する船から逃げ出して、ここに逃れて参りました。
ここが安住できる地とは限りませんが、安住できる場所と見込んでやって参りました。

引っ越し作業は徐々に行って参ります。まだ沈没するまでは多少の時間は残されているようですから。
完全に引っ越したら詳細をお話しいたしましょう。完全に引っ越しが終わるまで、まだあっちには人質が残っているので、迂闊な事はしゃべれないのですよ。一気に封殺されたら、人質は皆殺しですからね。

ここが安住の地である事を祈りつつ、引っ越し作業をいたしましょう。。

| 運営日記(新着情報) | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼縄は健在です!

この度の静岡県を中心とした地震につきまして、各方面からお見舞いを頂き誠にありがとうございます。
おかげさまで私は地震の影響をほとんど受けませんでした。

被災された方にはお見舞い申し上げます。

| 運営日記(新着情報) | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芋茎こけし-昔の女

ああああっ・・・・・・。。。。
女は悶えながら耐えきれずに声を漏らした。
私の好きな責めの一つである芋茎こけしを女の秘部に挿入して、女の反応を見ていたのだ。

女は素っ裸に剥かれ、ベッドに両脚を左右に大きく裂かれた大の字の状態で固定されている。
芋茎こけしは乾燥しているのでまず、熱湯につけて痒み成分であるホモゲンチジン酸・粘液質ムチン・蓚酸カルシウムなどを引き出してから女の秘部に挿入させるのである。
芋茎こけしを挿入する前に、女の体を羽根や筆、そして耳掻き棒で充分濡らしておき事を私は忘れない。欲情している女の膣は芋茎こけしを挿入すると、自分の意志とは裏腹に芋茎こけしを強く締め付けてしまうのである。女の性とも言うべきか。哀れ女は、自分で自分を責める成分を芋茎こけしから絞り出してしまうのである。
芋茎こけしを挿入した後も、私はまたもや筆や羽根で女の体の感じやすい部分、首筋、脇の下、脇腹、乳首、ふくらはぎ、脚の付け根などを執拗に刺激し、耳掻き棒で最も敏感な陰核や芋茎こけしを咥えさせられている口の襞をなぞり上げてやるのである。女はますます芋茎こけしを締め付けてしまう事になる。

そしてすることをした私は、後は女の横でただ眺めているだけでよいのである。
芋茎こけしから溶け出した成分が女を責めてくれるのである。

「あ、ああ、、、あっ・・・・・・」

私は女がベッドの上で大の字に縛られた体を悶え狂わす様をただ楽しめばよいのである。


この責めは今の女は嫌がって絶対にさせてくれないのだが、昔の女のことを思い出して書いてみたのである。ふふふふふ。。。。。。。

| 鬼縄のSM | 02:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の女 3

私の女はとにかく逝かされる事はもちろん、感じさせられる事を嫌う。だから感じさせられる事や、逝かされる事に抵抗をする。よく、女は逝ったふりをするという話を聞くが、私の女は逆に逝かされてしまった場合でも、逝かないふりをするのである。
私にしてみればこのように逝かされる事や感じさせられる事に抵抗してくれるのは大変ありがたい事なのだが、彼女は別に私を喜ばせようと抵抗をしている訳ではない。本来ならSMプレイなどしたくはないのだけど、しなければ私との関係は構築できないので、仕方なくしているという訳なのである。

私の責めは淫靡でいやらしくネチネチとした責めが主体である。筆や羽根や耳掻き棒、芋茎こけし、指などを使って体の隅々をまさぐるのである。
筆や羽根は大してくすぐったくはないけれど、繰り返し体に這わせていると次第に肌が敏感に反応してきておぞましい感覚にとらわれるようになるのである。

次には耳掻き棒で、同じように体の隅々に念入りに這わせて責める。耳掻き棒は筆や羽根とまた違った何とも言えないおぞましい感覚を女に与える。つんつんとしたくすぐったさとでも言おうか。
この耳掻き棒で女の陰核や恥ずかしい花弁の襞をなぞると、女はたまらず悶えて、蜜を花弁から溢れさせてしまうのである。この耳掻き棒の責めには、どんなに感じまいと抵抗しても、その意志に反して恥ずかしい蜜をし垂らせてしまうのである。だから私の女は耳掻き棒による責めが嫌いなのであるが、私はこれをやらずにはいられないのである。
私の女は、耳掻き棒ではなく、鞭や蝋燭を使ってくれた方がどんなにいいかとさえ言うのである。このおぞましい責めに比べたら痛さや熱さの方が耐えられるのであろう。
もちろんこの耳掻き棒では、どんなに感じて蜜を溢れさせようが逝く事は出来ない。私がやめるまでただ悶え続けなければならないのである。

| 鬼縄のSM | 04:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。