FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バッドボーイ (黒)

前立腺と会陰をW刺激するバッドボーイ登場。柔らかくフレキシブルな医療レベルの素材を使用しているので、アレルギー等を気にせず快楽に没頭できます。使用後にお手入れが楽な取り外し可能のバイブ内臓です。

バッドボーイ (黒)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| グッズ | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主の愛玩具 水無潤

美奴隷・水無潤…その美しい裸体を惜しげも無く主に捧げる!縛り上げられ鞭打たれ、白い肌が赤く染まりその頬は紅潮していく…バスタブでの致死寸前の水責め!それすら主と純との契約の儀式!

| 動画 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クローバークランプ(チェーン付き)

持ちやすい形のクローバークランプ。乳首・玉・ヴァギナなど敏感な部分をハードに刺激!!

クローバークランプ(チェーン付き)

| グッズ | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘密之花園 美希

【1】スタッフドギャグを噛まされたスーツ姿の美希(10min)【2】テープギャグをされたミニスカートの美希(16min)【3】股縄を施されるホットパンツの美希(20min)【4】ホグタイに悶えるロングブーツの美希(12min)【5】テープギャグをされたブラウス姿の美希(11min)。

| 動画 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バードロック クラシック (リング40mm)

ハイグレードなシリコンでつくられた貞操帯。装着し易いけれど、しっかりと貞操管理も可能な優れもの。柔らかなシリコン製なので、着け心地もよく、着けたままペニスを弄られるのが堪りません。リング直径40mm・45mm・50mmからお選びください。

バードロック クラシック (リング40mm)

| グッズ | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナース・イン・ボンデージ 往診の悪夢

患者の家に往診した看護婦の美希。寝たきりのはずだった患者は実は謀りであった。緊縛されて動けない美希の運命やいかに!!ナース服姿×束縛の融合をお楽しみください。【01】往診の悪夢(Nurse in Bondage)【02】特典映像

| 動画 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウスフック

調整可能なバックル付きの引き裂きマウスギャグアイテム。質の良いレザーで作られているので見た目も良く、二人の欲望が満たされるまで存分に引張って下さい。

マウスフック

| グッズ | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギャグマニア 厳重猿轡 美希の口を塞げ!

【1】布猿轡連続装着洋布篇【2】布猿轡連続装着和布篇【3】布猿轡多重装着篇。吉井美希ちゃんが、手足をロープで拘束された状態で猿轡をかまされます。動けずにもがいている様子や猿轡の下で必死に声を出そうとしている様子などご堪能ください!!

| 動画 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストリクトレザー ネック&リスト

一端を首にかけもう一端で手首を拘束するボンデージアイテム。長さを調節することにより様々な拘束感を味あわせる事が可能です。

ストリクトレザー ネック&リスト

| グッズ | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奴隷化する事が出来る理屈

自分(自己)は誰のものであるか。もちろん自分(自己)は自分のものである。

ジョン・ロックは、『統治論』で、自分自身の身体と労働と(誰かの財産になる前に)自分が労働を混ぜたものとは自分のものになると主張した。

われわれは自分の身体を好きなように使ってよいし、その結果手にするであろう果実(典型的には所得)を自身のものとしてよい。そのさい、他の人々や社会といった「自分以外」のなにものかに負うところはないし、それゆえ干渉される筋合いもない。このような直観は、素朴ではあれあるいはそれだけ一層、根強いように思われる。かかる直観を「自己所有権」としてまとめあげ、解明に乗り出したのがG・A・コーエンである。

コーエンによれば「自己所有権テーゼ」とは以下のようなものである。
「各人は自分自身の身体とその諸力を道徳的に正当な仕方で所有する主体であり、したがって(consequently)、彼らが自分の力を他者に対する攻撃に向けないかぎり、各人は望むとおりにその諸力を行使する(道徳的にいって)自由をもつ、というのものである。……、自己所有権テーゼによれば、各人は、奴隷所有者が法的権利として彼の奴隷に対してもつあらゆる権利を、自分自身に対する道徳的権利としてもつ。そして各人は、奴隷所有者が、法的にいえば彼の奴隷を自由に処分する正当な権原をもつ(entitled)のと同様に、道徳的にいって自分自身を自由に処分する正当な権原をもつのである」(Cohen 1995: 67-8)(1)

つまりは自分(自己)を彼の奴隷を自由に処分する事が出来るように、自分(自己)を自由に処分することが出来ると言うことである。
ただしそれは、「他人の自由を制約しない」限りにおいてである。従って強制的に無理矢理に他人を奴隷化し、処分することはもちろん認められていない。

では、「自己奴隷化」はどうであろうか。
自分で自発的に誰かの奴隷になる自由は当然認められるべきである。

学説的にはいくつかの見方が存在する。
1つは、奴隷であること(強制的奴隷)を回避するためには、 自己所有権 を言う必要があるが、その一方で、 自己所有権を言うことは、奴隷となる道( 自己奴隷化 契約)を開くことになるジレンマがある。しかしそれは見せかけのジレンマであって、ジレンマではない。自己所有者として、自由意思でもって自ら奴隷になるのならばそれは一向に構わない。   
あるいは、 自己所有権 を支持しながら、別の論拠で 自己奴隷化 を否定する考え方もありえるという見方。
あるいは、 自己所有権 という概念自体が 自己奴隷化 を容認し得ないという見方(これは無理があると思うが)。

このような自己所有権を積極的に認めることにより、私は、自己奴隷化を禁止してはならないと考える。
たしかに禁止できる場合もあるが、それは「契約時の当事者と、将来の当事者」とが「重要な意味において別人と言える」ときである。
「その将来の人物は、例えば、奴隷契約を結んでしまったことを後悔した場合、重大な点で価値観が変わってしまっている可能性が強いから、その結果として「奴隷契約は、現在の契約者とは別人になってしまった将来の当人の基本的な自由を侵害する事は出来ないので」禁止することが出来るという考え方であるが、私は禁止ではなく、重大な点で価値観が変わった時点で、契約を無効と出来ると解するべきであろうと思う。何故なら契約時点では、将来価値観が変わるとは約束されていないからである。

ある人物を「自己奴隷化」により奴隷に出来るが、それは身分ではなく、あくまで契約なので付帯条件等を付けることが可能であるし、前述の様に契約を無効化できるので、その可能性を否定する契約はしてはならない。

ある人物を「自己奴隷化」により奴隷にした場合には、契約を無効にするまでは、奴隷の身体とその諸力を道徳的に正当な仕方で所有する主体となるので、他者に対する攻撃に向けないかぎり、各人は望むとおりにその奴隷の諸力を奴隷に変わって行使する事が出来る。
その方法は契約により、譲渡、売買、委任、貸借等によって行われる。

以上が、私が考える奴隷化する事が出来る理屈である。

| 鬼縄のSM | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。