FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女性のM性の芽

男根が文化的に優位に置かれるわけは、胎内復帰願望として形成される人間の性欲が、男根期において男根を胎内への通路(膣)に入れるという形を取り、男根が胎内復帰に必要だからである。つまり、男根期において性欲は、男の子も女の子も男根を膣に入れたい欲望として成立する。しかし女の子は男根がない、または小さい(クリトリス)為に、この形の性欲において挫折せざるを得なくなる。

男の性欲が単純明快なのは、男根がそのまま性器期における性器となるので、男根リビドーはそのまま性器リビドーに移行するのに対し、女は男根を膣に入れるという能動的な形の男根期の性欲を性器期において膣に入れられるという受動的な形に逆転しなければならない。この逆転しなければならないことが、女に挫折感、劣等感、屈辱感をもたらすと考えられている。
ここに女性のM性の芽があるのであろうか。では女性のS性の芽は?

とにかく、女は男としての性欲を形成しかかっていたのだが、それが遮断され、かといって女としての性欲も上手く形成されず、膣は男根の単なる受け入れ器官とみなされ、男の男根と違い、性器性欲の座となることを妨げられることが多いのである。

これが女の性欲はないと言われたり、複雑怪奇でよくわからないといわれる所以である。そして社会的文化は女性器を男の性欲を満足させるのに都合のいいようにしてでしかしてこなかったのである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 05:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめて投稿いたします^-^
鬼縄様のサイトにはよくお邪魔していますが
いやらしい箇所ばかり読んでいた(笑)ので
興味深く読ませていただきました。
女性の性欲には 愛情リビドーが伴うとも言われますね。
?愛を確認する行為としての性欲?
と 一般的にはなるようです。
そして男性は性欲を満たすためにそれを与える。。
サイクルとして納得できなくはないのだけれど
私としては なんだか与えられているようにもとれて
ちょっと気に入らないところもあります 笑。
言い方を変えて
性欲を満たしてあげるんだから
安心をよこしなさいよって言ってみても虚勢のようだし--;
SMに置き換えたら面白いかもしれないですね。
どちらも愛深いようにみえて^-^
それでも何にしても
異端児というか あてはまらない存在が在るから
専門の方たちは日々研究しているのでしょうね。
鬼縄様の分析をみてみたいです 笑。
またまいります^-^

| aria | 2005/06/18 09:41 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。
「性的SM論」は、私になぜSM嗜好が宿ったのか?という疑問を少しは考えてみようという思いつきからはじめたものです。これほどに私を夢中にさせる嗜好とは何なのか。しかしその答えはまだ闇の中です。
さて、この「性的SM論」は、人間の性欲は本能ではなく、文化的なものだということを前提としています。
本能でない以上、生殖に繋がる欲望を人間に抱かせなければならない。性欲という装置がなければ人類は滅亡してしまうからです。
子孫を残す正しい生殖をする為の性欲として人間は「愛」を創り出したのです。数ある装置の1つに過ぎない「愛」は果たして万能なのか。正しくない装置としてのSMと正しい装置の「愛」は共存しうるものなのか。これもテーマの1つですね。
これから考えねばなりません。
よろしかったら、お付き合い下さい。

| oninawa | 2005/07/01 12:33 | URL | ≫ EDIT

私、モテるわよ・・・。妬まれるくらい。まだなら、これ。「愛されるための「恋愛成功変身術」 ダンロード版」 → http://aisarerutamen.jugem.jp/

PING:
BLOG NAME
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「愛されるための「恋愛成功変身術」 ダンロード版で愛されるのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラック...

| 鬼縄のファン | 2007/11/21 16:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/105-75a28e43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT