FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「する」と「される」の関係

動物の性交は、雄が雌の上に乗り、雄が能動的に動いて雌は受身であるように見えたとしても、本質的に雄と雌の共同作業であるが、人間の性交は、男にとって女性器及び女体がフェティッシュである限りにおいて、男がするもので、女はされるものとされてきたし、今もその概念は残っているように思う。

かつて性交は男が求めれば彼の妻か愛人か情婦である女は応じるのが当然だとされていた。女には不合理なことではあったが、男に一方的に好都合なこの前提には、男の不能に対する対策と言う面もあったという説がある。
私ごとであるが私はいつでもそこに女体があれば勃起するというとても便利なものを有していない。ある一定の条件がととなわなければ勃起や射精が出来ないのである。その前提というのは私の場合はSM嗜好であることは当然なんだけれども。だから女の都合で前提条件なしに求められても用を足さないことになる。

そういうことで、男が求めれば女は応じなければならないとされてきたのは、いつでも任意に勃起させることが出来るわけではないペニスが勃起しているチャンスを優先せざるを得ないという男に好都合な理由によるものであろう。
この概念はまさに性差別的概念であるが、男の不能対策という立派な理由により確立されてきたのではなかろうか。

さて、一旦このような概念が容認されると、男がそこにつけ込むのは自明の理である。必要な限度を超えて拡大強化されてきたのは間違いない。女がこの点で譲歩してしまったのには、男に不能になられては元も子もないので、女の方も譲歩せざるを得なかったのではなかろうか。
つまり女が譲歩しないと、性交が成り立たず、したがって男が性交において主導権を持つことを認めたのではないか。まさに男は弱点を利用して支配権を得たのである。弱者の脅迫ということである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/126-eee593b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT