FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

筆と羽根。

私は筆や羽根を使った責めが好きである。
くすぐり責めと言うと、こちょこちょとくすぐるのを思い起こす御仁も多いであろうが、私の好きなくすぐりとはそういうのとは違う。どちらかというとソフトな刺激を与えるペッティングに近いものであろう。ただ使う道具が筆や羽根である為にいやらしく、隠微な印象を与えるところが普通のペッティングとは違うところだ。人間とはおかしいものでこういう道具を使うことで特別な情景を作り出せるものだ。筆や羽根をからだに這わせるだけで、SM的な特別な情景を作り出すことが出来る。

こういうことが好きだから筆や羽根にも凝ってます。いろんな筆や羽根を集めたりしているのです。
細い筆やら太い筆。柔らかい羽根やら硬い羽根。
鞭にはそれほどこだわらないけど、筆や羽根には結構こだわったりしてます。

筆や羽根を使っていい気持ちにさせるのではなく、虫が這うようなおぞましい感覚を女に与えることが出来れば責めとなる。おぞましいけど、欲情をも刺激してしまう。そんなものが好きなのです。

耳掻き。ご存知でしょう。この耳かきで女を責めることができます。
別に耳掻き出なくてもいいんですが、細い先端の棒状のものを女の乳首や脇の下。足の指の間や膝の裏。女のあらゆる体の部位に、軽く優しく。そして強く早く。いろいろなタッチで繰り返し嬲る。最後には最も感じる部位へこれを這わす。
結構女の神経をさかなでることができます。いろいろ使ってみたけど、竹の耳かきがやはり一番風情があります。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のSM | 08:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

筆を使ったくすぐり責めは、実は昔読んだことがあります。
10年くらい前だったかな?
「アムール」というレディコミ雑誌に掲載されていた、
「淑女のたしなみ」と言うタイトルの漫画でした。
登場人物は3人。青年実業家の旦那とその妻(2人は新婚)
それと旦那の親友の画家。時は大正時代かな?
舞台は実業家宅の居間。
元々Sである旦那がノーマルの妻に関し、
「夜伽がつまらない」と親友に愚痴っていたのを、
妻が偶然聞いてしまって泣き崩れてしまい、見かねた親友が
「一週間で素晴らしい淑女にする」と断言したことから始まる。
和室に移動した3人。画家はまず和装だった妻の着物を
脱がせ、座らせて(寝かせてだったかな?少々記憶が……)
両手首を縛り合わせ、足を大きく広げさせて間に座り込む。
親友は「日本画家」であるから、当然普段から竹製の絵筆を
持ち歩いており、それを懐から取り出す。
そして……妻の右乳首に穂先をはわせる。
じっくりと……緩急を付けながら……。
妻は徐々に荒い息をし始め、次第に苦悶の表情を浮かべ、
終いには喘ぎ声をあげ始める……。
秘部が疼いて堪らないのである……。
鬼縄様と違うところは「一点集中型」。つまり、右乳首だけを
責め続け他には触れない。
秘部はもちろん、他には一切……ね……。
そしてある程度時間が経過したらそこで一旦うち切り、
続きは翌日の晩に持ち越す。
目安は3時間だったか……これも記憶がf^^;
途中、電話などで中断するときは男2人が一緒に部屋を出る。
取り残された妻は、疼きを何とかしようとよろよろ立ち上がり、
側の柱に擦り付けようとする。その時、戻ってきた2人に
見つかり、お仕置きとして画家に絵筆の柄で手を叩かれる……
という場面もありました。
妻は寝るときも旦那と一緒に寝るが、一切触れては貰えない。
体の疼きは昼夜問わず募る一方である。
そんな夜が3日続き、4日目の昼間画家宅に呼ばれ、
ようやく左乳首が解禁になる…………。
えっと続きは…………クスッ!止めておきます。
くすぐり責めと関係ないことも出てきますので……
クックックッ……

| ルナ | 2006/10/09 16:06 | URL | ≫ EDIT

いやぁーいいですねぇー。。(うっとり・・・・・)
私の好きな情景です。
貴女の記憶に残っていると言うことは、貴女もこの情景に惹かれると言うことでしょうか。
こういう物語を読むと実践したくなるのが人情。私も具現を試みました。
しかし実際は物語のようになかなかならないのがこの情景の難しいところです。
物語と実際の大きな違いは、被虐の心情というか心や体の奥底で変化しているものが、現実には責め手に伝わりにくいと言うところです。責め手にとっては、相手の内部に起こっている変化こそが重要なのに、なかなかそれを表現してくれないと言う不満があります。
小説では、そういうところを文字にして伝えてくれますが現実には、それが伝わってこない。伝わってこなければ想像すればいいのですが、本当に責め手が思っているようなことになっているかどうかは、結局のところ分からない。
こうなると責め手の忍耐も限界が生じてしまう。またこういう情景を共にしてくれているのかという疑問も生じてしまう。共有していなければ、こんな地味な責めは被虐感を満足させないどころか、不満さえもたれてしまう。
実際には右乳首だけで、3時間。それも3日もかけられない現実に直面してしまいます。
ちょっと野暮なことを申しました。
せっかく素晴らしい情景を描いてくださったのに申し訳ありません。
素晴らしいが故に、なんとかこういう情景を具現したいと願っているものですから、つい愚痴が出てしまいました。
この情景で早速自慰をさせていただきます。

| 鬼縄 | 2006/10/09 21:36 | URL | ≫ EDIT

クスクスクス……!!
かなりお気に召したようですね!!(*^^*)
この作品は巻頭ページに掲載されていたというのもありますし、これを読んだ後に他の作品をパラパラ読んでいても、何となく面白味が無いように思えた所からも、私自身惹かれたのかもしれません。実際何度も読み返してしまいましたしね。
あと、それまで全く接することの無かった「SMの世界」を、初めて垣間見た思い出深い作品でもあります。
この中での情景は「夫婦」だから可能であり、これを具現するのはかなり至難の業でしょうね。それにこの物語の中での「妻」は、「旦那様にふさわしい女になりたい。」「旦那様好みの女になりたい。」という思いが強かったから、素直に受け入れることができたと思います。
実は私も「耳掻きでもできる。」という表記を見たときから、早速自慰をさせていただいております。f^^;
何しろ最後に人肌に触れてから10年以上ご無沙汰な物で……(*゚゚*)
しかも、襖一枚隔てた隣の部屋で母が寝ているので、ばれないように声を出さず、息を殺し、それでも欲情には勝てずについつい……みたいな、そんなスリルを味わいながらも……結構苦労してます。f^^;
えっと……まだ書きたいことが色々ありますが、そろそろ学校へ行く時間が迫っていますので、また後ほど…………
行ってきます!!

| ルナ | 2006/10/14 10:52 | URL | ≫ EDIT

私のSMは情緒SMといいましょうか、情景SMといいましょうか、心の内に起こる被虐感、加虐感にそそられるのです。まさに小説的なのですが、それをどう具現するか、表現するかという難問をいつも抱えています。
小説ならそれを表現してくれますが、リアルのプレイでは小説のト書き部分を表現するのは難しい。
縛られた時の羞恥は、そう感じれば感じるほど表には出てきません。筆で嬲られる青年実業家の妻の疼きなどは文字だからこそリアルに伝わってくるのでしょう。
筆や焦らし責めはまさに沸き起こる欲情を刺激しつつ抑制するという矛盾が欲情を倍増させ、悦楽を増幅させる。
貴女の襖越しの交わりもこれに通じるものがありますな。
女の耐える姿は色っぽくてそそりますよ。

| 鬼縄 | 2006/10/14 18:20 | URL | ≫ EDIT

アララ……そうですかf^^;
そう言う風に言われると、少々恥ずかしいような……反面嬉しいような……何とも言えないですがf^^;
……では思い切って……一部紹介しちゃいましょうか!
こんなのはいかがですか?
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この記事を読んでいて…………
あっ、そうか……筆や羽根がなくても、耳掻きでも良いんだ!
と思った側から…………愛用の「梵天耳掻き」が目に入る。
思わず手にとってしばし見つめ……目を閉じる。
イメージの世界へと堕ちる……。
 私は今、椅子に座っています。手は後ろ手に背もたれを
抱くようにして、両手首を重ねて縛り合わせてあります。
 足は地面に付いていない……とだけしておきましょう。
 格好等はこの際省きます。どうぞお好きなように脚色してください。
 (全身縄で縛るなり、足をつり上げるなり、どうとでもしてください。)
 私の右側には男が1人います。
 (表記は「男」ですが、せっかくですから鬼縄様をイメージ。)
 その手の中には「梵天耳掻き」が……。
 ややうつむき、少し緊張している私。
 手の自由が利かない歯がゆさを噛みしめながら、これから何を
されるかわからない、恐怖感にも似た不安を感じています。
 と、突然男が私の顔をのぞき込む。
 私はハッとして男の顔を見るが、すぐに睨み付けてから
そっぽを向く。
 男は「ふっ」と1つ鼻で笑った。
 「まずは小手調べだ。」
 そう言って、手にした耳掻きの「梵天」を私の耳たぶの裏へ
そっと当てる。
 サワッ……と何かが触れた……その瞬間!
 ゾワゾワゾワ…………鳥肌が立つほどのおぞましさと嫌悪感!!
 「うっ……くっ……」
 思わず声にならない声を漏らしてしまう。
 鼓動が早まるのを感じる……。
 身体中が芯から震えて止まらない……。
 鼻で荒く息をしながら、けれども私は悟られまいとして、目を
瞑ってグッと耐える。
 そんな私の様子を黙って見ていた男は、
 「ふふふふふ。。。。」
 と、不適な笑い声を漏らした。
 そう……この男の得意な、あのいつもの忌々しい笑い声。
 笑いが収まると同時に、男は耳掻きの梵天を動かし始める。
 うなじから首筋へ……小刻に揺らしながら撫で下ろす。
 
 サワサワサワ……得体の知れない物が這いずり回るような、
言いようのない不快感が襲う。瞬時に私の上体は強く仰り反り、強ばり固くなる。グッと堪えてみるものの、すぐに耐えきれなくなる。
 「くっ……ひっ……いやっっ!!」
 首や上体を激しく揺すり、なんとかこの嫌な感触から逃れようと
する。それを見て男は、ニヤニヤしながら私から耳掻きを遠ざけた。
 おぞましさの元凶が離れ、ややホッとするも、体の中に残る不快感と嫌悪感はなかなか拭えない。それでも私は歯を食いしばり、グッと男の顔を睨み付ける。(もちろん顔の角度は45度。やや上目遣いで……。)
 「やめてっ!寒気がするだけよっ!!」
 声が震え、やや掠れながらも低いトーンで叫んだ私。それにはお構いなしに、男は冷ややかに私を見つめる。
 「   ※ ※ ※   」
 そう言い放って、また「ふふふ。。。」と笑う。
 私は悔しさに顔を歪ませ、憎々しく男を見つめ、再びそっぽを向いた。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さて、こういう状態で鬼縄さんはどう返してくださるでしょうか?
※印の付いた括弧内に台詞を入れて、この状況を更に進めてみてください。台詞は長くても短くても構いません。たた、「無言」はナシです。
 会ったこともない私をイメージするのは難しいかもしれませんが、鬼縄さんの妄想の中で、どう私を陵辱してくださるか……少々怖いながらも、結構楽しみです。f^^;

| ルナ | 2006/10/15 02:49 | URL | ≫ EDIT

少々面白そうなことを思いついたんです。
まず、鬼縄さんは「テーブル・トーク」というのをご存じですか?
ゲームジャンルの「RPG」で、昔からあるプレイ進行形態です。
1つのテーブルを数名が囲み、「テーブルマスター(主催進行者)」というのを1人決めて、その者が背景や敵キャラや、そのほか舞台の基本情報を設定し、プレイヤー達に示す。プレイヤー達は各々演じるキャラクターを設定し、行動などは「自己申告」で行い、間に自由な会話を交えながら、空想上の舞台の中で冒険を繰り広げていく。今は殆どコンピューターにより、1人でもキーを押すだけの自動進行で展開されていますが、元々はこの「テーブル・トーク」が主体となっていると昔聞きました。
実は私の通っていた高校に「RPG同好会」があり、掛け持ちしていたうちの1つだったので、時々参加していました。
「真面目」だったり「バカ」言ってみたり、場に関係のない「どうでもいいこと」を発言してみたりと、発想や発言が「自由」なので、かなり盛り上がれました。
最終的にはプレイ中の申告情報や会話を、カセットテープなどに録音し、内容を文章に書き起こし、一編の小説(リプレイ版といいます)にまとめ上げていました。
さてそこで、思いついた事というのは、この「テーブル・トーク」を参考に、人それぞれの抱く「妄想」をリレー方式でつなぎ合わせて、一編の「SM小説」にできないだろうかという物です。
掲示板やブログを利用して、初めの「情景」や「責め方」を提示しそれに対する「反応」や更なる「展開」を求め合う。
他のサイトに行っても、完成させた小説を投稿するコーナーはあっても、「みんなで作ってみよう」というような物は無いような気がします。
一応前回書き込んだコメントの「妄想文」は、その一例のつもりでも乗せてみたんですけど……
こういう発想っていかがでしょうか?
難しいかな?下手をすれば味気なくなったり、結末の見えないエンドレスになる可能性もありますが、マンネリ化せずバリエーション豊かになって、結構楽しめるのではないかと思いますが…………どうでしょう?
前コメントのお返事を1日待ってましたが、お忙しかったのでしょうか?ひょっとして早速イメージを膨らませている所かな?
もしくは…………こんな文章を書き込んで、もしお気を悪くさせてしまっていたらごめんなさいです。そのことが少々心配です。
明日からまた仕事ですので、もう寝なければなりません、
今回はこれにて失礼します。
また次の週末に…………お休みなさい。

| ルナ | 2006/10/15 22:13 | URL | ≫ EDIT

スパムでなければ書き込んでいただいたコメントを不愉快に思ったりはしませんからご安心を。
貴女のストーリーは私の求めているSMです。いい情景ですね。こういうの大好きですよ。
『ふふふ。。。。
睨み付けるその顔がたまりませんな。
気の強い女は好きですよ。気の強い女は簡単に屈しませんからな。その分私は長く楽しめると言うものですよ。いつまで強情をはれるか楽しみですよ。
そのうちにからだが反応を示すでしょう。私に感じていることを悟られたくなかったら、丸見えになっているアソコを濡らさないことです。
私にそんな恥ずかしいところを見られたくはないでしょう?
貴女が感じてしまわなければいいのですよ。そうすれば恥ずかしいところを見られずに済む。
貴女がアソコを濡らせば、今度はここにある黒光りしている太いバイブを挿入することになる。
そういうことにはなりたくないでしょう?
貴女の理性がご自分のからだを律することが出来るか、見物ですよ。
大丈夫。貴女のアソコからいやらしい蜜を滴らせない限り、貴女のアソコには指一本触れませんから。
さぁ。耐えることですよ。
でははじめるとしましょうか。。。』
と言って、男はいやらしい責め具となった耳かきを足の指の裏に這わせるのだった。

| 鬼縄 | 2006/10/16 11:19 | URL | ≫ EDIT

貴女のお考えは面白いと思いますが、このブログでは機能的にふさわしいとは思いません。
「RPG」のように発展させるには、フォーラムのほうがいいでしょう。
ということで勝手ながら、プレイフォーラムにコピーさせていただきましたので、続きはそちらでいたしましょう。
http://smbook.kir.jp/phpbbex/viewtopic.php?t=104" rel="nofollow">http://smbook.kir.jp/phpbbex/viewtopic.php?t=104" rel="nofollow">http://smbook.kir.jp/phpbbex/viewtopic.php?t=104

| 鬼縄 | 2006/10/16 11:31 | URL | ≫ EDIT

くっ……くっくっくっくっくっくっ……ひゃっはっはっはっ……(笑い過ぎてお腹痛いf^_^;)
あはっ!ごめんなさい!!
鬼縄さん気が早過ぎ&飛ばし過ぎですよ。
私が提示したのは、あくまで「例文」です。それをソックリそのまま持ち込んでしまうとは……(^。^;)
まあ、ご希望とあらばこのまま繋げても、私は構いません。むしろ鬼縄さんが乗り気なようなので、凄く嬉しいです!!(……怖いのと恥ずかしいのもありますがf^_^; )
ただ、私としては、この「企画」についてもう少し話を詰めて、やるかやらないか相談してから……と考えていたので……f^_^;
それから、「男の台詞」の部分ですが、確に台詞は長くても良いと言いましたが、いくらなんでも長すぎです!!f^_^;
それに、前原稿でせっかく台詞枠の後に「表情描写」があるんですから、それも活かさないと勿体無いし、前者に失礼ですよ!
これに関してはまた週末に、フォーラムの方に「民族大移動」させていただきましょう!!
えっと…只今仕事中なのですが、思っていたより忙しくなく、暇な時間が出来てしまったので、携帯よりお邪魔しました!!
今日もまた1時間残業のようです(ToT)

| ルナ | 2006/10/17 16:17 | URL | ≫ EDIT

はて?笑い過ぎてお腹痛くなるようなことを私はしましたかな?
まぁ、でも貴女も楽しんで下さればそれに越したことは無いです。
台詞が長いのは、ある意味私が意図した方向へと導くには、ある程度の情景描写を入れた台詞にしないといけませんから、必然的に長くなってしまったのですよ。
お仕事中に態々、コメントを入れて頂いて恐縮です。
週末にフォーラムへ追加される文章をお待ちしておりますよ。

| 鬼縄 | 2006/10/18 15:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/146-99d6de2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。