FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

男の幻想メカニズム

男の性欲は、何度も繰り返すように、幻想に基づいており、その幻想には多くの男に共通にありふれた、ごく単純で一般的な要素もあるが、個々の男によって実に多種多様に変動する要素もあり、それが彼女にとって侮辱的な幻想であるかもしれないし、奇妙奇天烈で信じられないような幻想であるかもしれないし、女には相手の男の性欲がどういう幻想に支えられているのかなかなか見当が付きかねるであろう。また、幻想であるが故に、ちょっとしたきっかけでもろくも(壊れることがあり、その時女は、それが何故なのか、いくら考えても分からないであろう。そして、分からなくて当然なのである。


幻想が壊れるというのは、その女に対して壊れるという意味で、男が抱いている幻想そのものが壊れるという意味ではない。
私がここで言っている「幻想」とは男が持つ「思想」とも言うべきもので、たわいもないものであるという意味ではない。性欲は「本能」であるという事に対してのアンチテーゼとして、つまり性欲は人為的に作り出された「文化」若しくは「思想」によるものであり、「本能」のように唯物論的ではないという意味です。

まさしく私の幻想などは、理解できない者から見れば侮辱的、差別的、変態的な全く信じられないものであろう。そしてそれは理解されなくて当然なのである。

男の性欲のよってきたる源泉は分からなくても、それを支える幻想のメカニズムをいくらかでも心得ていれば、これほどつけ込みやすく利用しやすいものはない。その弱点を突いて男をのめり込ませるのは意外に簡単であるのかもしれない。つけ込まれない為には、男は自分の幻想メカニズムを充分知っておく必要があるだろう。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/183-98adaaef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。