FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女が女になる選択

女は女に生まれるのではなく女になるのだというのは、ボーヴォワールの有名な言葉であるが、女が女になるについては、喜んでにせよ、諦めてにせよ、一つの選択であり決断である。
思春期を迎えると、女の子は、自分が女というものであることを発見する。同時に、男という他者を発見する。そして、自分の身体が男の性欲の対象であり、男はこれによって大きな喜びと快楽を得ることが出来るらしいということを発見する。自分が男達にとって性的価値という、なにやらまだよく分からない価値のある存在であることを発見する。そして同時に、自分の性的価値なるものについて不安とためらいを持つ。これらの驚異的事実、なじめない不安な事実は納得は出来ないが、どうも本当らしい。そして、これらのことはどこか後ろめたいことであって、あまりおおっぴらには触れてはいけないことらしい。女の子が女になるのは主としてこうした発見を契機としてであると考えられる。この発見をなかなか承認したがらなかった女の子も初潮が来ると、ついに諦めるらしい。


この頃にSとかMの嗜好に男女の性差異がSM嗜好にも加わる。つまり同性異性の区別がそれほどなくSM的な事をしていた女の子も男の子も異性を意識せずにはいられなくなる。男の子の場合は射精をするようになってからそうなる事が多い。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/201-3a87dd9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT