FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢の女

どこかで見覚えのあるアパートだった。
なぜ私がこのアパートの前にいるのかはよく分からない。
なんとなくなつかしい思いが私の脳裏を支配した。

そうだ!昔、このアパートに私はある女と住んでいた。
もうすっかり忘れかけていたその記憶がよみがえってきた。
その女は私が昔愛した女であった。もう何十年も前の記憶である。
楽しかった思い出が走馬燈のようによみがえってくる。

なぜその女と別れたのかはよく覚えていない。
覚えているのは、私は確かにその女を愛していたと言うことだ。

アパートはその時のままであった。でも人が住んでいる気配がしない。そしてなぜか暗い。
記憶が私をそのアパートの中に引き入れた。
私は、記憶を辿り、女と暮らした部屋の前まで来てしまった。
なんで昔住んだ部屋の前まで来てしまったのだろう。女に未練でも残っているのであろうか。でも、もう何十年も前の記憶である。女も歳をとって、今頃どこかで誰かと平穏に暮らしていることだろう。この部屋に今でもいるとは思えない。そうだ!別れを言い出したのはその女の方からだった。別に男を作って、この部屋から出て行ったのはその女の方であった。なのに、なぜ私はその部屋の前まで来てしまったのだろう。

この部屋にその女がいるはずがない!
そう思ったが私は暗くて取っ手もよく見えない扉を手探りで開けた。。。

パァーっと目も眩むような明るい日差しがその部屋に差し込んでいた。
その部屋の真ん中に、もう何十年も前に別れた女が、その時の若さで朝食を並べたテーブルを前に、笑顔で私を見て言った。

「おかえりなさい。」


私は今でもこの女に未練があるのであろうか。
彼女の夢はもう最近は全く見なかった。もう何十年も前のことである。

私には、愛した女がいた。
そして、私には愛してくれた女がいた。

私をいつまでも待つのは夢の女だけである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のつぶやき | 04:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/235-26bf7848

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT