FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

永遠のパラドックス

差別的成文化の中で、差別的性意識を持っている男を相手にして、女にとって屈辱的でない性交は可能であろうか。相手の男がどれほど女性侮辱的性交観を持っているとしても、そのようなことはその男が頭の中で勝手に考えていることに過ぎないと無視し、女は女で勝手に性交を楽しめばいいということがはたして可能であろうか。

私はこの問題ではかなり矛盾している。
性的嗜好においては、女に対して性的に屈辱感を与える情景に憧れ興奮する。女は性的なことに関して閉鎖的であり、欲情したり感じてしまうことに抵抗があり、それは恥ずべきことであるという観念を抱いていることが望ましい。そういう女に対して手練手管を労し陥れ、責めによって女のそういう観念とか意志に反して感じさせ、欲情させる情景を愛し、求めている。女は屈辱を感じながらも欲情してしまう自分に悔しがるのであるが、現実にはあり得ない。屈辱感に苛まれれば欲情などしないからである。
私のこの変態的な女に屈辱感を与える嗜好を理解しない女が、この観念を無視して私と性交できるであろうか。
これをSMという世界に限定して、自分の意志でそれを受け入れることを選んだ女であればこれを屈辱だと思うであろうか。屈辱だと思わなければお互いこの情景を楽しめるが、私の求める情景とは乖離をはじめる。
永遠のパラドックスである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/241-e798f939

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT