FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「妄想の女」麻由美

「妄想の女」麻由美について書こう。。
ふふふふふ。。。。。

麻由美が医者である戸田良一と正式に婚約したというメールを貰ったのはつい最近のことである。


麻由美は、あるファッション系商社の社長秘書をしていたことがあり、そのころの麻由美は社内随一の美人と定評があり、会社の出したポスターのモデルまでつとめたくらいである。カソリック系の女子大を出てからすぐにこの商社に入社し、最初は輸出関係の部門で仕事をしていたが、美人であり、日本人離れしたすっきりした肢体、しかも、なかなか頭も切れると言うところから次第に抜擢されて入社して二年目にはフランスにファッションの視察旅行にも行かされた。
フランスから戻ればすぐに社長秘書という席が待ち受けていたのだ。
とにかく女は美人に生まれなきゃ損ね、と会社の女子事務員達はやっかみ半分で寄ると触ると麻由美の出世話を噂しあっていたようであった。

私はこの頃この商社と取引があって、麻由美が社長秘書になる前の一時期、私の会社の担当になった時があり、私の会社の仕入先の営業担当として麻由美と出会ったのである。
はじめて私の会社に挨拶に現れた時、白のブラウスに黒色のスーツ姿で私の前に現れた麻由美の美貌と肢体のなよやかさを私は今でもはっきり覚えている。砂を噛むような味気ない日々にいい加減うんざりしていた私の胸にうすら冷たく象牙色に住んだ彼女の美麗がじーんと突き刺さり、私は一瞬、白昼夢を見たようにその場に立ちすくんでしまったのだった。

その後、麻由美と私はなぜか気が合い、いろいろな相談を受けるようになった。彼氏の不甲斐なさや、人の下で使われる不満などなど、私の会社に営業に来る度に個人的な相談をしては帰って行ったのである。そのうちに小さくてもいいから自分の会社を持ちたいという夢を相談され、会社設立の準備の手伝いや、会計士や司法書士の紹介などもして彼女の信頼をますます得ていったのである。会社を辞めて独立したいという彼女の願いは実力や能力から言って当然のことだと思われた。だから私は彼女の才能に尊敬さえするようになり、彼女の新しい会社の資本も一部出資したのだった。

そんな中、麻由美と二人で食事をしていた時に、私は酒も入っていたこともあって、「SM BOOK」というサイトを開設していることをしゃべったのだった。ビジネス相手に私の隠れた嗜好であるSMについては語らないのであるが、彼女の会社の資本の一部を出したという、ある意味仲間意識もあったのでつい口に出してしまったのである。
一瞬しまった!と思ったが、以外や麻由美にもMの隠された嗜好を打ち明けられたのである。この面でも麻由美と意気投合し、彼女とはSMプレイをする間柄となったのである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 麻由美の場合 | 03:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。たまにお邪魔してブログを楽しく読ませてもらっています。
少し伺いたいのですが、これは事実に基づいたお話なんですか??
鬼縄さんのことはどんな人か知りませんが、どうやってパートナーと出会われたのか、というところはちょっと興味がありまして(個人的興味ということではなくて、SMをされてる方がパートナーと出会う経緯、という意味です。)・・、本当の話なのかどうなのかちょっと気になりました。
・・・まぁでも、事実です(もしくは作り話です)と回答が帰ってきても、それが嘘かもしれないですよね^^。
気が向いたらお返事ください。別にノーコメントなら結構です。
分かりにくい文章ですみません。

| まりん | 2008/03/27 17:54 | URL | ≫ EDIT

鬼縄です。
私のブログにご訪問いただき、また投稿したばかりの記事に早々コメントして下さりありがとうございます。
ご質問の件ですが、この記事の話が本当かどうかを答えたとしてもあなたがおっしゃる通り、その答えが本当か嘘かはあなたには分かりませんね。嫌みでなく、人の答えなど言葉からはその真偽は分からないものです。だから答えてもナンセンスですから、この記事の真偽のほどは秘密にしておきましょう。
と、ここで終わってしまっては身も蓋もなく、私のブログを読んで下さっているあなたに申し訳ないので、私がSMパートナーと出会う経緯をこっそりお教えしましょう。
私がパートナーと出会う経緯は多くの場合、最初はあなたのように私のブログやHPへコメントしてくれるところから始まるのです。そのコメントに返事をし、その返事に又コメントしてくれる、ということを繰り返している内にパートナーとなってしまうのです。
ふふふふ。。。。。。
でもコメントすると私のパートナーにならなければならない、ということはありませんからこれからもお気軽にお越し下さいませ。

| 鬼縄 | 2008/03/27 18:26 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
時々閲覧させて頂いています。
女の羞恥を引き出してくれるような言動ができる男性っているのでしょうか?
気分ばかり独りよがりに盛り上がって動作はおぼつかない、言葉は棒読み・・・と感じてしまうのも私がSMにおいて妄想の住人であるからでしょうか。。。

| ようこ | 2008/04/14 00:18 | URL | ≫ EDIT

鬼縄です。コメントいただきましてありがとうございます。
確かにこの辺りのことは難しい問題です。下手な「演技」になってしまうとそのようにしらけてしまうかもしれません。私の言う「表現」は「演技」とは違います。お互いの嗜好や求めている情景が一致していればおのずとその世界に入り込めるものです。二人で入り込むことが出来れば、それはもう「演技」ではなく、「表現」になると思います。
反対にお互いの嗜好や求めている情景が一致しなかったり、無理に合わせようとすると下手な「演技」になってしまうことになります。妄想の具現はかなり難しい作業です。お互いが相手の嗜好や妄想をよく話し合い、よく理解し合うことが大切だと思います。
責めの台詞がかえってSMプレイを滑稽なものにしてしまうことがあります。言葉責めは諸刃の剣ですね。

| 鬼縄 | 2008/04/14 17:48 | URL | ≫ EDIT

早々のお返事ありがとうございます。
無理して合わせずとも、嗜好や妄想が一致する相手に巡り会う事は難しいですよね。
鬼縄さんの仰る「表現になる」という事、少し分かるような気がします。辱められるのは嫌なのに、感じている姿を見られるのは嫌なのに、そうしてくれる相手を求める矛盾・・・既にそこから創作が始まっているのですから。
ただ私の妄想は相手が誰であれ、絶対に表現が無理な部分があるのです。
肉感的で女性らしい肢体を男性の前に晒す恥ずかしさ
・・・妄想の中では自分自身の体形さえ変える事ができるのですが現実の私は程遠い・・・私の場合、女性らしくない体形が恥ずかしいと感じてしまい、性的な興奮は遠のいてしまうのです・・・笑
結局はただの愚痴です・・・お返事は結構です。
分かりにくい文章でごめんなさい。

| ようこ | 2008/04/17 01:01 | URL | ≫ EDIT

妄想派には常に矛盾がついて回ります。同意の上のプレイなのに情景的には無理矢理とか嫌々とかのシュチエーションに憧れる。このわかりにくさ、矛盾が主従派にはなかなか理解されないところです。まぁーしかし、SMに限らず生きて行くには矛盾だらけの世の中ですから、あまり矛盾は気にされない方がよろしいかと思います。
妄想には主観的妄想と客観的妄想とがあります。どちらかというとMは受け身ですから主観的妄想をする傾向にあり、Sは客観的妄想をする傾向にあるんじゃないかと思います。
男ですら被虐情景においては自分が女にすらなってしまう。自分が求める理想の女が現実にいない場合など、自分が求める理想の女を自分で表現してしまうことさえある。主観的妄想は自分の思いのまま、相手に左右されないので独りよがりになってしまう場合もあるが、自分の求める情景に忠実である。
貴女のからだを評価するのは、お相手のSであり、貴女が自信で評価する必要はないのではないでしょうか。己を客観的に見たらSMなんぞなかなか出来るものではありません。責められている最中は、貴女自身は主観的妄想で自分の身体は肉感的で女性らしい肢体だと妄想していればよいのです。
お相手のSが貴女を気に入らねば、これはもう仕方がありませんが、自分で自分を嫌ってしまっても妄想が崩れてしまうのは当然でしょう。
私は結構上品な顔立ちをしています(苦笑)が、女を縛る時は、自分では鬼のように怖くて、いやらしくて逞しい男を妄想しています。

| 鬼縄 | 2008/04/19 18:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/246-cd0dd019

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT