FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気位の高い麻由美

「やっと連絡をして来たか。そろそろお前を呼び出そうと思っていたところだ。3ヶ月もご無沙汰だったからな。またお前の悶え苦しむ顔を見たくなったところだよ。丁度よかった」
私がとぼけて言うと、麻由美が
「実はそのことでお話があるんですが。。お話というよりご相談、いえお願いがあるんです。毎月私の収入の半分と言わず、全部を鬼縄さんに差し上げますから、SMのお相手をすることだけは勘弁していただきたいの」
麻由美は結局まだ分かっていなかった。俺が何であのような行動に出たか。麻由美は私の気持ちなど理解していないことが分かって、麻由美に対して更に憎悪の気持ちが膨らんだ。
私にとっては金のことなどはどうでもいいのだ。麻由美をいたぶり責めるのは、愛情の裏返し、俺の気持ちが通じないことへの恨みであり、未練なのである。それなのに金の力で俺との関係を無かったことにしたい麻由美の申し出には無性に腹が立った。
「俺とはビジネスライクのように金で片をつけたいというのか。俺とはSM関係を継続したくないというのだな」
「は、はい。鬼縄さんとはもう男と女の関係にはなりたくないの。ましてやSMを継続するなんて、婚約者がいる私には無理ですわ。お、お願いです。わかってください。お願いです」
「ふふふ。。。そんなことを言っていいのかね。金で済まそうとするなら婚約者の良一の分まで頂かないとね」
「そ、そんな。。それは無理です」
「それなら金で解決するのは無理だな。俺は金よりもお前の困った顔や悶える顔が見たいのだよ。お前の身体が欲しいのさ」
「私の身体が欲しいのなら、ネチネチといやらしい薬などでいたぶらずにひと思いに抱けばいいじゃないの」
「馬鹿な。そんな簡単な方法で私の気持ちが収まると思っているのかね。お前は俺の心を理解していないようだ」
「鬼縄さん!それと私のことを『お前』呼ばわりは止めて下さらない。あなたに『お前』と呼ばれる筋合いはないわ」

麻由美という女はどういう思考回路をしているのだろう。俺を怒らせてどうするのだ。俺を挑発しているのか。
麻由美はその気位の高さや人一倍の負けん気の強さで、つい相手を怒らせてしまうのだ。どのような状況においても相手に屈することがお嫌いのようだ。それが自分を追い詰めてしまうだろうということが分かっていても、相手を挑発してしまうだろうということが分かっていても、自分を抑えられないのだろう。全く私好みの女である。

私は麻由美に対して更なる難問を突きつけるのであった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 麻由美の場合 | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/270-ee37a07d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT