FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

逆説的な禁欲主義者

あくまで鬼六のSMは、相手に肉体的な痛みを与えるよりも、辱めることに大きな喜びを見出すものである。青竹で叩くにしても、それはその行為自体に目的があるのではなく、あくまで精神的に追い詰める為の補助的手段に過ぎないのだ。その他の肉体的責めについても同様である。
つまり鬼六のSMは、責められる側が羞恥心を持っていることが前提条件となり、初めて成り立つのである。この点、サドとは全く異なる。サドの犠牲者はほとんどの場合生命を脅かされているので、恥ずかしがっている余裕などない。一方サドのリベルタンは、犠牲者を肉体的に苦しめ、痛めつけることには関心があるが、その羞恥心など、どうでもいいのだ。

捕らわれた女ヒロインが、身も世もあらず羞恥にのたうっているからこそ、悪漢達が大喜びするのだ。もし彼女が、平然と自分の性器の機能を自慢したり、縛られたのが嬉しくてニコニコしていたのでは、悪漢達の欲望も萎えてしまうに決まっている。
獣欲に満ちたような悪漢達だが、そのわりには、性交と射精は案外少なく、ほとんどの時間とエネルギーを、羞恥責めに費やしており、逆説的な禁欲主義者とも言えそうなのだ。つまり、いつまでも自分たちはセックスやそれに準ずる行為で満足することがないから、いつまでも執拗に、獲物をいたぶり続けられるのだ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のSM | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/279-2033ec15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。