FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

屈辱に対して屈辱をもって報いる

男に対して、わざと乳房や太腿がちらっと覗けるかのような身の動かし方をしたり、横に来て胸のふくらみが感じられるほど身体をすりつけてきたり、いろいろ気を引くような話をいっぱいして、男がすっかりその気になってセックスへと誘うと、何とかかんとか口実を設けてOKしないが、たまたま今日は都合が悪いのだと男に思わせる余地は残しており、男の方も、こんなに若くて清純そうな女の子がまさか男をからかうとは信じられないし、次にあった時、また同じようにいかにも誘ってもらいたそうな態度を示すので、男がまた誘うと、やはりOKしないというようなことを繰り返す女がいるが、この種の女達はやはり男をからかっているのかもしれない。或いは、男と寝る気はないが、自分が誘えば男は自分とセックスしたがるのだということを確認し、自分の性的魅力を自分に対して証明したいだけかもしれない。

もしからかっているのだとすれば、男との関係に屈辱感があって、その復讐として、期待を抱かせられては裏切られるという屈辱を男に与えて楽しんでいるのであろう。屈辱に対して屈辱をもって報いるというのも一つの方法かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 05:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/280-3a7ed0b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT