FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

痒み責めの始まり。

「お姉様っ」
と、麻由美も涙でキラキラ光る美しい黒眼を彩の方へ向けた。
「わ、分かりました。もう二度と取り乱したりは致しません」
麻由美も姉の悲壮な決心に心打たれたのか、必死な悶えを停止させ、固く目を閉ざしたのである。

共に固くとじ合わせた目尻より熱い涙をしたたらせながら憎い男どものなぶりものになることを決意し合う哀れな姉妹。源八も鬼縄もふと胸が痛む思いにもなったが、こうなればこの美人姉妹を落下無残に引き裂くだけだと己をけしかけて心を昂ぶらせるのだ。
「それでは、始めようではないか。まずは尻の穴の方からだ」
源八は彩のその部分にそっと指先を触れさせていく。とたんに座布団に乗った彩の双臀はぶるっと痙攣した。
「あっ」と、麻由美の方も思わず火が付いたような昂ぶった声を張り上げる。
その微妙な部分にぬらぬらしたものを塗り込められるたまらない嫌悪感、同時に骨まで砕かれるような妖しい快美感が生じて、彩も麻由美も美しい額からたらたらと汗を流し、歯をカチカチと噛み鳴らした。

「どうだね、彩どの、ここをこんな風にされる気分もまんざら、悪くはあるまい」
と、源八は強く指を含ませていこうとする。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 麻由美の場合 | 08:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鬼縄様
このSM物語、痒み責めが好きな私は毎日、心待ち
にしております。
いよいよ美人姉妹が、痒み責めで気が狂わんばかり
に悶えまくるシーンが近づいてきて、ワクワクしています。
ところで話は変わりますが・・・・
私は痒み責めが、したくてしたくて妄想しながら
悶々としている時、掲示板に妄想(願望)を吐き出したく
なります。
このSM物語も、鬼縄様のガス抜きになっているかな
と私は思っていますがどうでしょうか?

| RQ責め師 | 2008/05/27 00:12 | URL | ≫ EDIT

お返事が遅くなって申し訳ございません。
おっしゃる通り、痒み責めは現実には具現できませんのでブログに書くことで発散させています。
私が今具現しているのは寸止め、焦らし責めです。痒み責めではありませんが、女が悶えるのはこちらも同じですからね。私は嫌がる女を無理矢理悶え狂わせるのが大好きですから。。
物語の方はもうしばらくお待ち下さい。

| 鬼縄 | 2008/06/01 18:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/288-6fa93ba8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT