FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麻由美にとっては地獄

「いいだろう」
と、源八は満面に笑みを浮かべてうなずいた。
「それでは、俺に対する恨みは一切、この場で水に流して貰いたい。俺が理不尽に言い寄ったなどという考えは綺麗さっぱりここで忘れるのだ。そしてこの源八様の性奴隷となるのだ。どうだね?彩。」
源八は美しい眉根を寄せて、キリキリ歯を噛み鳴らしながら痒みを耐えている彩に詰め寄っていった。
「返事をするんだよ、彩さん」
彩にはもう人間の意志などなかった。何とかこの痒みから逃れたいという一心しかない。
「もうそのようには思いません。そしてこれからは源八様が満足される女となります。」
激しく喘ぎながら、彩が唇をふるわせて言うと、源八は満足そうにうなずいて、その隣の麻由美の方へ目を向けた。
「さぁ、麻由美さんも姉上の申されたように、はっきり口に出して言うのだ。鬼縄さんの性奴隷になるとな」
源八が浴びせかけるようにそう言うと、汚辱の底にのたうっている麻由美も、情感に溶けたような眼差しを薄く開きながら、
「鬼縄様の、性、性奴隷となります」
と、はっきりとした口調で言うのだった。

「ちょっと待った。源八!お前の彩はそれでいいだろうが、俺の麻由美はそう簡単に許す訳にはいかないよ。この前だって、俺の奴隷になると宣言しておきながら、その場が済めば元の気位の高い女に戻って、俺が連絡するまで知らんぷりをしていた女だからな。今度はそう簡単に信用できないのさ」
と、鬼縄は源八のように単純なことでは満足しなかったのである。それほど鬼縄は麻由美に裏切られたと勝手に思いこんで恨んでいるのである。麻由美にとっては地獄であった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 麻由美の場合 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/303-5a1d5176

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT