FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の女 2

私の女は言う。

「そもそも団鬼六の小説の情景を具現しようとするなんて無理なのよ!」
「鬼六の小説の出てくるような『女』なんて実際にはいないのよ」

確かに、その通りである。
官能小説というものは想像の産物であって、男の勝手な理想を表現しているに過ぎない。「痒み薬」なんて実際にはないのに、平気で登場させるくらいですからね。
でもそこに描かれている淫靡な情景を実際に存在する、具現できるものだと結構信じちゃう男は甥のです。かく言う私なんかそのいい例です。

その小説のような「理想の情景」、「理想の女」はやはり存在しないのかと諦めかけていたら、実はそれを否定した「私の女」がそれを具現していたのだ。
もちろん小説の世界そのものではないことは当然だが、雰囲気というか、その匂いというか、そういうものが私には伝わってくるのである。本人が小説の具現を否定しているのだから、本人はそれを意識してはいないだろうし、むしろ嫌悪しているとさえ思えるのであるが、しかしそれは私の勝手な妄想なのかもしれないが、私にはその女を通して、鬼六の小説の世界が見えてくるのである。

私の勝手な妄想は、私の女にとっては迷惑なことなのではあるが、そこに「愛」が存在しているので乗り越えられるである。
私の女はけっしてMではないのに、被虐の匂いがするのは何故なのだろう。私は鬼六の小説のように縛られたくない女を縛っているのである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のSM | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/347-e23f0cfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT