FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

差し出した女

瞬間、僕は自分の目を疑った。
今、僕の目の前に繰り広げられているのは、現実なのか夢なのか、或いは映画か写真のワンショットなのか、さもなくば一枚の絵なのか。
石の壁で区切られた窓の彼方に、まばゆいばかりの光に照らし出された部屋が見え、そこに女性が一人、全裸のまま立っている。それも両手両肢を大の字に開かれ、腹部から股間をいくらか突き出された格好で。よく見ると、女の両手首は天井から下がっている鎖に繋がれ、両肢は床に打ち込まれている鉄環で止められている。
それはあまりに無残な女の姿に怖れを成したと言うより、それがこの世のものとは思えない、決してみてはならぬと言われた秘密絵をかいま見たような興奮を覚えた。

確かに僕が今見ているのは絵でも映像でもなく、現実そのものである。その証拠に、女は両手を天井から吊られたまま、うなだれた首と腰の辺りがかすかに揺れている。
奇妙なことに、僕はその時になっても、目の前の女が、僕が差し出した女だとは思っていなかった。それというのも、女は確かに一糸もまとっていないが、目だけが白い布で隠されている。

あらためて顔を窓に押し付けて覗くと、女はややほっそりとして、背もさほど高くはない。思い切り両手を上に伸ばされているので、脇の窪みが異常にへこみ、そこから胸元へ柔らかなふくらみが見えるが、ウエストは削がれたように細く、黒い翳りの見える下腹はひっそりとして頼りない。むろん少女ではないが、どこか成熟しきっていないというか、気品がある。女の肌は白と言うより、むしろ蒼ざめてさえ見える。何か裸体と言うより、月の光にされされている宝石のように。

あの高慢な気位と自尊心の高い女が、今は煌々たる灯りの中で、全身をさらけ出して立っている。まさしく、あの目隠しの下の小生意気にとがった鼻も、薄いが愛らしい唇も、すべてあの女のものである。今や隠しおおせるものは何もない。スレンダーな身体にしてはやや豊満な乳房も、両手で包み込めそうなウエストも、まろやかだが少年のように削げたお尻も、淡い翳りをもつ下腹も、思い切り開かれて小刻みに震えている内股まで、僕の眼と好奇心に満ち溢れた数人の男の眼からも逃れ用はなかった。

自分の女を好奇の眼の男の前に差し出すというのはこういう事か。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のSM | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/366-7041398f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT