FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸福より快楽

巷では「セクハラ」と非難されるのを恐れて、性的なるものに神経過敏な人々が増えているように思われるし、「ジェンダー・フリー」や「フェミニズム」など、これまでの性のあり方に疑問が投げかけられる時代になった。だからこそ、団鬼六の男性原理だけで成り立っている、荒唐無稽の超セクハラ作品に、溜飲を下げる者がいても不思議ではない。

鬼六は、「快楽を求めること、これが本当の成熟だと思うんですよ。未成熟の人間は幸せを求めます」と、説明する。そう言えば「幸せな家庭生活」とは言うが、「家庭生活の快楽」とは言わない。「幸福」とは、フツウの人々若しくは小市民が願うもの、と鬼六先生は捉えているのかもしれない。「平凡な幸せ」という言い方がそれを象徴している。

鬼六に限らず、幸福より快楽を追求するのは、むしろリベルタンやダンディを気取る人々の、いわば伝統的なライフスタイル若しくはポーズだ。例えば19世紀末英国で、同性愛スキャンダルが元で2年の懲役に服さなければならなかった作家・オスカー・ワイルドについて、アンドレ・ジイドは「彼は、人が義務に赴くごとく快楽に行った」と記している。そうなのだ、彼らにとって「快楽」は、「義務」であり、また自己のアイデンティティを確立するために、そして道徳や制度に厳格な小市民との差別化を図るためにも、必要不可欠なのだ。

文化は常に、いかがわしさをも内包する。

ワイルドは作品の中でも「快楽」にこだわる有産階級のダンディ達を描く。彼らの台詞を、いくつかご紹介しよう。

「教養のある者は、快楽を悔いることはないし、教養のない者は、快楽が何であるかを、全く知らない」

「快楽は唯一の生き甲斐だ。幸福ほど人を老けさせるものはない」

「今日では、人を慰めるのは後悔ではなく快楽である」

「単純な快楽は、複雑な人々の最後の逃げ場である」

「タバコは、快楽の完全な型である」

健康という幸福な状態を維持するために、禁煙や節煙したのでは、「快楽」提唱者としては失格という訳なのであろう。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のつぶやき | 18:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そーですよね!

SMをヒマつぶしって言う人見たこと無いもの^^;

| サド那智 | 2009/09/23 19:25 | URL | ≫ EDIT

注意しましょう。

さすがにSMを暇つぶしって言う人はいないけど、SMを利用して道徳的、制度的体制に取り込もうという人はいます。SMや快楽を否定して偽善的「幸福」を肯定しようとする輩です。注意しましょう。

| おになわ | 2009/09/23 19:50 | URL | ≫ EDIT

私の好きな言葉がいくつも出てくるので、
興味深いブログです。
幸福とは万人が目指せるものではあるけれど、
快楽とはある選ばれた特権階級にしか求められないものであり、
それを求めることこそ、自己の上位性を立証するための
手段であたっということは歴史的事実、、。
成功者のシンボルとされているシガーのように、
SMにもまた似た側面があるのかもしれません。
快楽追及とは自己の他者に対する
上位性を示す一つのスタイルという側面もありますものね。
鬼縄さんのブログを読んでいると、
違った視点で物事が見れるので、
大変勉強になります。
私は小市民故に、「大きな幸福」と「小さな快楽」、、。
二兎を追いたいものですけれど(笑)。
二兎を食べたら太るでしょうね~。秋です、、。

| 彩 | 2009/09/24 07:05 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2009/09/24 14:30 | |

実は気取っているのです。

「幸福」とは既存の道徳とか規範とか制度とか、俗に言う「正しいもの」の象徴の意味があります。そういうものに対しての対立軸として「快楽」を持ち出しているのです。私のようなひねくれ者は「正しいもの」=偽善と思うところがあり、そういうものにとらわれない自由主義者を気取っているのです。もちろん私も小市民中の小市民でありますから、それら「正しいもの」を否定するところまでは至っておりません。その証拠に私はタバコをやめてしまいました。(苦笑)しかし精神的にはリベルタンを気取り続けようとは思っています。

| おになわ | 2009/09/24 21:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/367-bd56a4a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT