FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一途な「唯一」にはならない理由

SM世界には、ご主人様唯一というM女性がいる。
私は女の(私もそうなので)「唯一」を信じていないので、これはと思うM女にはお誘いの声を掛けてみるのである。すると不思議なことに「唯一」を理由に体よく断られてしまうのである。
ある意味、納得できると同時に不思議な思いにとらわれるのである。

私は今までの女に「唯一」と言われたことがない。言われたことがないどころではなく、前にも書いたが私が最初に愛した女は、私と同棲していた部屋に男を連れてきたぐらいだ。
それ以来私が付き合う女は何故か、結構他の男とも付き合うのである。私は女の一途を信じていないので、それを認めているので、私の女には結構多情な女が多いのである。
別にお互いが一途になる必要もないので、私を必要と思ってくれている間は、私の女として付き合うのだが、他の女(男もそうであるが)もそうだろうと声を掛けると一途な「唯一」を理由に断れれる事があるのである。

もちろん私の女は既婚者であったり、恋人がいたりする場合が多いので一途な「唯一」ではないのだけど、それを理由に断られたりすると、このギャップは何なんだろうと思うことがある。
まぁ、私を気に入らないので一途な「唯一」を理由に断れば、私のメンツも傷つかないだろうという思いやりの面もあるかもしれないが、私の経験とのギャップに不思議な気がするのも事実である。

でも結構一途な「唯一」カップルも別れたりしているので、本質は同じなのかもしれない。多情でも私の下にいる女の方が一途なのかもしれませんね。

私と別れる女はもしかしたら多情ではないので別れるのかもしれませんね。ただ私を選ばずに他の男を選んだだけのことなのかもしれません。
不思議なことに私が一途になると、とたんに他に男を作って私から去っていくのです。だから結果的に唯一となっても私は女に一途になることをしないのです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のつぶやき | 20:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/12/01 10:08 | |

はじめまして、SNSではお世話になっています。

人は鏡と言います。
拳を振り上げれば拳で、情を持てば情で、愛を持てば愛で。。。
一途、唯一人にどちらかが胡坐をかけば、相手も胡坐をかく。
だから壊れると私は思っています。
確かにあまり重すぎる想いに
逃げ腰になるという場合もあるのでしょうが・・・苦笑
人は、鏡。。。私は、そう思っています。

| 翼 | 2009/12/27 11:44 | URL |

Re: タイトルなし

確かに人は鏡のように相対的です。愛には愛、情には情が相対であれば問題が起こらない。
しかし時にそうならないことがある。愛は裏切られ、情は踏みにじられる。愛憎は紙一重で内包されていますからね。
SMはまさにそれが顕著に表れる。被虐は不条理を生む。そこにつけ込む輩もいる。利用する者もいる。
鏡のような相対関係を築くことを目指すのだが、そこにたどり着けるものの数は決して多くない。だから彷徨うのでしょう。

しかし、まず最初に相手の懐に飛び込まなければ、相手も心を開かないのは当然ですね。その為にはまず相手を知る必要があると思います。

コメントありがとうございます。

| おになわ | 2009/12/27 12:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/394-79f070c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT