FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私は。。。

私は女が苦しむのが好きだ。 私は女が悶えるのが好きだ。 私は女が悩むのが好きだ。 私は女が羞恥するのが好きだ。 私は女が落ちぶれていくのが好きだ。 私は女が不幸になるのが好きだ。 私は女を憎んでいるのかもしれない。。 いや、憎んでいるのだろう。 そうでなければこんな理不尽な仕打ちはしない。。。 それでも私に縛られる女がいる。 私は偽善を言わない。 慰めを言わない。 「愛」を語らない。 私はもっと本質を見極めたいと思う。 表の世界は偽善だらけだ。 だから彷徨う。だから悩む。 矛盾からはけっして逃れられないが、心の奥の己の声を押し込める 矛盾が一番愚かだ。 偽善に溢れた常識。モラル。道徳。に縛られることはない。 己の声に耳を傾けよう。 そして声をあげよう。。。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 鬼縄のSM | 08:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

道徳にしばられることはない、だなんてひどいんじゃないんですか?
だめです!道徳は大切にしてください!
ぜひ、ここで、道徳を勉強しなおしてください。
道徳遊戯 http://masamania.com/

| kinzou | 2004/05/30 06:37 | URL | ≫ EDIT

確かに道徳は大切です。
なぜならSMは「道徳」の存在が前提のものだからです。
私の場合、道徳に反して女を縛り、女は道徳的であろうとして私の責めに必死に耐える。こういう情景をSMに求めているのです。
これが女を縛って褒められたり、責められることになんの躊躇も無いようでは私のSMは成り立たない。
光の無いところに陰は存在できない。道徳の無いところに淫靡は存在できない。
道徳に反するから欲情するのです。その意味で確かに「道徳」はとても大切だし、守るべきものです。
ところで「道徳遊戯」ではルールと道徳を同列に扱っているのでしょうか。ちょっと気になったもので。。。

| 鬼縄 | 2004/05/31 17:52 | URL | ≫ EDIT

どうもどうも。ご存知かわかりませんが、縛師として有名な明智伝鬼に出演してもらって緊縛AVを撮ったことがあるんですけども、まあ、僕もビジュアル的な緊縛は必死で勉強しまして、縛りのディレクションは何とかできたんですけども、ただ、エロとしての演出は、はっきり言ってできませんでした。素人まがいの縛師に縛ってもらったときの撮影のときは、つるしながら挿入とか、縛りの合間に、いわゆるアダルトビデオ的な演出なんか抵抗なくできたんですけども、さすが、明智先生の縛りは、一つ一つが縛りとして完成しすぎていて、縛られた女優を犯す、汚す、見たいな事が、非常に不自然なきがして、一連の先生の縛りが終わるまで、まったく何もできず、ただただ先生の縛りを見守っていました。その後いろいろな人の話をきくにつれ、そもそも、縛りとファックはまったく相容れないものであり、縛りの間に犯すようなことは邪道であり、縛りは縛りだけで味わうものであるときいたんですけど、そうなんですか?なんか、鬼縄さんは真性縄フェチのようなので、きっと分かるんじゃないのかなあと、なんか、こんな長々質問してしまいましたが、縄フェチの人が、緊縛に求めるエロスとは、なんなんでしょう?緊縛の何を見て興奮するのでしょう?エレクトするのでしょう? 緊縛中のファックというのはご法度なんでしょうか?

| kinzou | 2004/06/03 06:42 | URL | ≫ EDIT

いやー、こちらこそどうもです。
まず、私は縄フェチではありません。私は脚、それと鎖骨、あと筋フェチです。
それはさておいて、SMや縛り愛好家にはいろいろ嗜好があるので一概に答えられないのがこの世界の難しいところです。その証拠に、私もSMビデオはよく見るのですが、気に入るビデオにめぐり合えるのは非常に稀有です。嗜好が結構細分化していて標準というのがないのですよ。
こういうことをまず前提にして、私の思うところを答えに変えさせていただきます。
結論から言いますと、SMにファックシーンは不要です。ほとんどのSMビデオにはファックシーンがありますが、なんでそれが必要なのか理解できません。ノーマルの人の為にサービスとして入れざるを得ないのだなーという認識でおりました。私はファックシーンは早送りしています。つまり見ない。
ではSMマニアは何に興奮するのか?
これは先ほども言いましたが、細分化されている嗜好ですからこまかくは言えませんが、総じて女優の責め(調教)られている姿、表情とその設定(状況)と責め(調教)行為に興奮するのです。
1つのビデオ(作品)の中にどれだけ自分の嗜好にあった部分があるかを期待して選び見るのです。他の部分は早送りですよ。
SM愛好家は女性を神秘化している場合が多い。女性というものは汚れの無いものであってセックスはもちろん、排泄などの人間的行為は人目には見せないものと思っているのです。
だからこそそれを汚すことに愉悦するのです。苦痛を与え、快感を与え、羞恥を与え神秘のベールを剥がして行く所に興奮するのです。
女はその仕打ちに必死で耐え、崩れまいとする。簡単に堕ちてしまっては興ざめなのです。
ファックはその結果としてはあると思いますが、それは見るものではなくするものです。結果ではなく過程が見たいのです。強姦がSMには入らないといわれる所以です。
私は縄フェチでも緊縛フェチでもなく、女を責める、汚す、貶めるのが目的で縛りは責めの手段なので、無表情の、または被虐を表現していない女優の緊縛カタログを見ても興奮しません。縛りの教則本にはなりますが。
昨今、縛る技術にウエイトを置く風潮がありますが、ただ美しく綺麗に縛るだけでは私は興奮しませんね。
ご質問に的確にお答えできたかどうか、はなはだ疑問ですが、私の個人的な考えを簡単に述べさせていただきました。
他のSM愛好家の皆さんのご意見も聞きたいところですね。

| 鬼縄 | 2004/06/03 22:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/57-666ba53e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT