FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

男女の性行動の違い

性行動における男女の違いを、フロイド、j・シャッスゲ=スミルゲン、D・ディナースタインが次のように指摘している。 男は女の身体を容易に性対象にするが、女は男の身体を性対象にしない傾向がある。(鬼縄=同意) セックスにおいて一般に男は能動的で、女は受動的である。(鬼縄=機能的意味において同意) 男は多くの女を相手にしたがるが、女は一人の男を守る傾向がある。(鬼縄=不同意) 性倒錯者はもっぱら男である。(鬼縄=犯罪的性倒錯については同意。心理的性倒錯については不同意) 以上のような男女の性行動の違いを説明しているが、その主な原因は男は異性の親から生まれ育てられ、女は同性の親から生まれ育てられる違いに起因していると指摘している。 本能が壊れている以上、男女の性行動の違いは最初に授乳してくれ、世話をしてくれる親が異性か同性かの後天的環境の違いによるものだというのである。 この説にはあまり納得できないけれども、異性からから生まれるのと、同性から生まれるという違いの影響は考えられるな。


女もアダルトビデオを見るのが男と同じように好きなのだが、女も男と同じでその視聴対象は女なのである。 男は女の裸に欲情するが、女は男の裸には欲情しない。その視点は違うが、女も男と同様に女の裸を見るのである。 視覚的性衝動を刺激するものは男も女も同じ「女」であり、HPのデザインでも性衝動の刺激を受けるのは男も女も同じデザインなのですよ。 性行動において本質的には男も女もたいした差異はないというのが私の意見です。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 09:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

女性が、女性の裸から視覚的性衝動を刺激されるということ、ふむふむ(納得)です。
女性が虐められる表情って、何とも言えず、スキ。
それって、別に、異常なことじゃないのね~。
「視点は違うが」は、どう違うのでしょう??
男性は対象として欲情し、女性は自分に置き換えて・・ということでしょうか・・・
今日の記事、とっても同意です。

| maria | 2004/07/01 23:02 | URL | ≫ EDIT

BlogPeople登録逃げのルカです(笑)
登録ありがとうございます。
以後、お見知りおきを。
男女差が出るのは、プレイのスタイルなんかもそうですよね。
同じコトやってもM男とM女で違いますからねぇ。
性衝動を刺激するものについてはルカも同意見です。
ただ、男性と女性だとアプローチが違うかも。
女性はより感情的、情緒的なものが行動基準ですし、男性はもっと直線的な感じがします。
こう考えると面白いものですね★

| ルカ | 2004/07/02 20:34 | URL | ≫ EDIT

SMの世界ではけっこう男も感情的、情緒的だったりします。この世界は女性的であるかもしれません。
私のように「愛を語らないSM」にリンクして下さって恐縮です。
SMをする条件とSMをした結果をいっしょくたにするのはこれから取り組もうという人たちに過大な期待と幻想を抱かせるような気がしています。
それを追い求めるのは当然ですが、素晴らしい結果を得られるのはほんの少数のひとたちだけでしょう。。

| 鬼縄 | 2004/07/04 18:10 | URL | ≫ EDIT

前言撤回です。
ルカの大好きな、残酷なS男性さんたちはみんな、もの凄く繊細です。
M男性は…、どうもルカの採点が厳しくなっちゃうようです(笑)
それはそうと、「愛を語らないSM」って素敵です。
ここから、エントリーを書かせていただいちゃいますね。

| ルカ | 2004/07/05 19:58 | URL | ≫ EDIT

“残酷”という名の支配者

PING:
BLOG NAME
ルカが認める数少ないS男性さんたち。 彼らに共通するのは、“残酷さ”。 そこに愛情があるのかどうか、ルカにはいまだにわからないんだけどね。 でも、同情なんて入り込む余地がまったくない、絶対的なその存在。 刃のような冷たい現実。 それは、実はルカが憧れる姿でも.
前言撤回です。
ルカの大好きな、残酷なS男性さんたちはみんな、もの凄く繊細です。
M男性は…、どうもルカの採点が厳しくなっちゃうようです(笑)
それはそうと、「愛を語らないSM」って素敵です。
ここから、エントリーを書かせていただいちゃいますね。

| 鬼縄のファン | 2004/07/05 20:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/80-fad13a45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT