FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発生学的過程と性発達過程は逆の順序

男女の発生学的過程とフロイドによる男女の性発達過程が逆の順序になっていることはおもしろい。 発生学的には、人間の胎児は初めはみんな女で、そのうちの一部の胎児が男になる。それに対し、フロイドの性発達過程では幼児は女の子も男根期までは男のつもりでいるが、その時はじめて自分にペニスがないこと、或いは挿入するにはあまりにも小さいペニス(クリトリス)しか持っていないことに気付き依存対象を母親から父親へと切り換えて女として生き始めねばならない。 男女の性発達過程と発生学的過程とが逆であることは、なによりも性発達過程が自然ではなく、文化的、人為的である証左だと思われる。 自然は男より女を優先し、文化は女より男を優先させてきた。だから性欲の構築においては男の性欲に重点が置かれ、女の性欲は男のそれほどはっきりとした形で形成されなかったのではないだろうか。 構築される途中で方向転換をしなければならない構築物は弱いようである。生物学的には胎児の時期に方向転換をしなければならない男の成長過程の方が複雑でその為男の方が弱く、性欲については同じように幼児期に方向転換をせねばならない女のほうが複雑で混乱している。 発生学的には男は奇形化した女であり、フロイド理論では女は男になりそこねた男なのである。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 性的SM論 | 11:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鬼縄サマ、おひさしぶりです。m(_ _)m
>発生学的には男は奇形化した女であり、フロイド理論では女は男になりそこねた男なのである。
ひさしぶりに更新されていたエントリーですが、
「へぇぇ・・そうなんだぁ。面白いお話ですね・・。」と
驚きをもって、興味深く拝見しました。
私、こういう学術的なことにはとんと疎くて。^^;
勉強になります。
またぜひ、続きをお聞かせくださいませ。
楽しみにしています。

| sizuku | 2004/10/03 15:19 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、私は不精で更新を怠っております。そういう男のBlogのたまの更新記事を読んでいただいたり、コメントを付けていただいたりして恐縮と歓喜の極みです。
ところでここで展開している「性的SM論」は学術的なことを書いているわけではないので誤解のおきないように一言申し上げておきます。
学術的文献を一応参考書にはしていますが、これは私の屁理屈にすぎません。曲解や拡大解釈、こじつけなどが多分に含まれていますので一般論として捉えていただくには弊害があります。
貴女は理解していただいていると思いますが、「学術的」という言葉から誤解を招くのが怖いのであえてここに書かせていただきました。
私はSMは性の本質へと迫る手段と考えている。場合によっては男女関係、人間関係への本質へと迫れることもある可能性を秘めている。
それだけにSMは一歩間違えると危険ものになる。またSMを都合の良い道具にすることもある。美しい語句や偽善的な言葉でそういう方向へと誘導することもある。
とりもなおさず、私のSMもまだ暗闇の中にある。だから私の中のSMも少しでも本質に迫りたい。迫れなくともその努力をしたいと思い、それに挑戦する意味で書き始めてみたのです。
イメージや情緒的な言葉や抽象的で美しい言葉で語るのではなく、ある意味で科学的な言葉を使っているのはその為ですが、決して科学的、学術的文章ではないのです。
まだまだ取り掛かったばかりで、それに私は不精ときている。先はまだまだ闇の中です。

| 鬼縄 | 2004/10/03 17:47 | URL | ≫ EDIT

無料サンプル動画 No.152 [ 香港マニア倶楽部/香港ギャル ]

PING:
BLOG NAME
女優名
タイトル
本編

会員制SMクラブの本番まな板ショーの実態を見せちゃいます。マニアの方必見!!
[スパンキング

コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、私は不精で更新を怠っております。そういう男のBlogのたまの更新記事を読んでいただいたり、コメントを付けていただいたりして恐縮と歓喜の極みです。
ところでここで展開している「性的SM論」は学術的なことを書いているわけではないので誤解のおきないように一言申し上げておきます。
学術的文献を一応参考書にはしていますが、これは私の屁理屈にすぎません。曲解や拡大解釈、こじつけなどが多分に含まれていますので一般論として捉えていただくには弊害があります。
貴女は理解していただいていると思いますが、「学術的」という言葉から誤解を招くのが怖いのであえてここに書かせていただきました。
私はSMは性の本質へと迫る手段と考えている。場合によっては男女関係、人間関係への本質へと迫れることもある可能性を秘めている。
それだけにSMは一歩間違えると危険ものになる。またSMを都合の良い道具にすることもある。美しい語句や偽善的な言葉でそういう方向へと誘導することもある。
とりもなおさず、私のSMもまだ暗闇の中にある。だから私の中のSMも少しでも本質に迫りたい。迫れなくともその努力をしたいと思い、それに挑戦する意味で書き始めてみたのです。
イメージや情緒的な言葉や抽象的で美しい言葉で語るのではなく、ある意味で科学的な言葉を使っているのはその為ですが、決して科学的、学術的文章ではないのです。
まだまだ取り掛かったばかりで、それに私は不精ときている。先はまだまだ闇の中です。

| 鬼縄のファン | 2004/10/14 13:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/86-baeb3a7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT