FC2ブログ

鬼縄のSM blog(FC2改)

鬼縄のSMブログです。淫靡な妄想の世界を彷徨っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後の彩

私は約束を守る男である。
彩が私の責めを受けた見返りとして、彩が望んだ事はちゃんと叶えてやったつもりだ。
それがどのようなことかは少々差し障りがあるので、具体的なことは言えないが、そのことについては彩は私に恩を感じているはずである。
そして彩はS女性として、素晴らしいM男性を奴隷とすることも出来たようだ。もともと彩は女性としてかなり魅力のある女性ではあった。私が言わなくとも彼女を知る者ならそう証言するであろう。男性からだけではなく同性の女性から見ても魅力のある女なのだ。その証拠に男性ばかりでなく女性からも慕われていたようだ。それに加えてS女性として、交流の場を与え、知識を与え、魅力をも私は備えさせてあげたのだ。有名なSMクラブからもスカウトに来たようだが、それは断ったらしい。それも私がそれに変わるを提供したからなのだ。
経済的にも一時の困窮から立ち直れたようだ。親の借金の返済もめどが立つところまできたようだ。
それもこれも全てとは言わないが、かなり私のバックアップは役に立っているはずである。

そこまでしてあげた私が得たことは、たった1回のSMプレイだけである。約束は約束として仕方がないがこれでは少々釣り合いが取れない。もう少し謝礼を頂かなければならんだろう。。
しかし私から得られるものは、もう彩にはない。今となっては私のことは葬り去りたい過去の出来事なのだ。私とは出来ることなら関わりたくないはずである。
そこで私は卑怯な名案を思いついた。このまま彩を手放すのは実に惜しいからね。

私は久しぶりに彩を食事に招いた。。
まがりなりにも私に恩は感じているはずであるから、食事の誘いぐらいには応じなければならんだろう。
それが私の狙いだった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 彩の場合 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oni291.blog76.fc2.com/tb.php/97-7b65cce4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT